結婚式のバイト

ウエディングケーキ

今では、ごくごく一般的になっているホテルや専門式場の結婚式ですが、大正時代頃には全くメジャーではありませんでした。大正時代前の結婚式は、自宅で行う事が一般的で、準備などを行うのも近所の方で助け合っていました。現在の専門式場では、専門スタッフとバイトスタッフで行っていますから、大きく異なります。 専門式場が登場し始めたのは、昭和に入ってからです。その頃は、専門式場やホテル自身がウェディングのバイトを募集し、結婚式のが行われる時だけ、バイトに働いてもらうというスタイルが多かったです。 しかし、近年では派遣会社が多くなって、派遣会社にウェディングのバイトスタッフ依頼を行う専門式場が多くなってきました。そして、派遣会社が結婚式当日にスタッフを派遣するのです。 勿論、専門式場やホテル自身がバイトの募集を行なっている場合もあります。しかし、最近では派遣会社からの派遣が多くなっている事は事実です。ですから、ウェディング系のバイトを探している場合には、派遣会社に登録を行うと見つかりやすいです。

近年では、様々な求人サイトや求人広告で、ウェディングのバイトを多く目にします。土日や平日の夜しか働けない学生にとって、時給も高く、休日メインで働けるこの仕事は、とても働きやすく魅力的です。 結婚式場では、料理の調理やウェディングプランナーは在籍していますが、ウェイターやウェイトレスはバイトの場合が多いのです。基本的に派遣会社から派遣されたスタッフですから、複数の結婚式場を掛け持ちしている方もいらっしゃいます。 こうした派遣会社のスタッフは、依頼されれば結婚式場以外の場所でも働いてくれます。ですから、近年、人気が高くなっているレストランウェディングでも、こうしたスタッフが活用されてきているのです。 また、派遣会社では、ウェディングのバイトスタッフ育成を行なっている所もあります。ウェディングの知識やマナーの研修を充実させている派遣会社も少なくありません。